女性

まぶたが重い人は

女性

「眼瞼下垂」はまぶたが重く目が開きにくい症状で、おでこのしわが目立ったり、肩こりや眼の疲れ、頭痛などの原因にもなります。保険が適用されるので治療をして改善することをお勧めします。治療方法として一般的なのは眼瞼下垂手術です。

読んでみよう

利用しやすい所を探す

女性

眼瞼下垂は目元が若々しく見えるから手術を受けるという人も少なくありませんが、視界がはっきりするすることも事実です。美容整形を行う前には、事前に医療機関のサイトを比較しておくことで名医の価格を知ることも簡単にできます。

読んでみよう

複数の施術から選べる

コンプレックスとなる目のたるみをクリニックの整形で改善しましょう!キリッとしたシャープな目元になれば、好印象を持たれます!

施術の種類と特徴

女性

主に美容整形で受けられる目の下に出来るたるみを取る施術は、大きく分けて3種類があります。1つが脂肪を除去する施術であり、もう1つがヒアルロン酸を注入する施術、そしてレーザー治療となります。これら3つの目の下のたるみ取り施術は、それぞれ症状に応じて向き不向きがあるので、特徴をよく押さえておくと良いでしょう。脂肪を除去する施術の場合は、比較的症状が重くてたるみ以外にも深い影がたるみによって出来ている場合に特に有効な施術です。ヒアルロン酸注入は逆に症状が軽い場合によく用いられる施術であり、お手軽な美容整形施術として人気が出ています。レーザー治療は、皮膚の再生を促すことでたるみの原因となっているコラーゲンやヒアルロン酸不足を解消し、ターンオーバーを促進させる効果があります。

切る切らないの選択が可能

多くの美容整形で扱っているもっともポピュラーな目の下のたるみ治療が、脱脂術と呼ばれるものです。近年は脱脂術にも除去した脂肪を注入して、ふっくらとした目のラインを実現できる脱脂リポ法など様々な種類の治療が登場しています。さらにメスを使って切る脱脂術か、切らない脱脂術かを患者が選べるようになりつつあり、今後は美容整形での患者の治療の選択肢がより広がるものと予測されます。脱脂術においてメスを用いて切る施術は、古くから行われている術式であり、効果が永続的にも関わらず料金が比較的安いというメリットがあります。しかし一方で、傷跡が残りやすいというデメリットも存在します。一方切らない脱脂術は料金は高めですが傷跡が残らないため人気が出ており、将来はさらに普及すると言われている術式です。

どんなものなのか

女性

眼瞼下垂というのは、上まぶたが下がって目が大きく開かない状態のことです。片目だけのこともあれば、両目に起こることもあります。これは老化によって、まぶたを上げる筋肉が弱まるために起こることの多い症状です。

読んでみよう